【生活ゲーム】鳥の覚悟と安堵と朴念仁

小鳥遊敦@FEG さん:
http:
//cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=5868&reno=5828&oya=5828&mode=msgview

確認お願いします

芝村 さん:
イベントは?

小鳥遊敦@FEG さん:
もし問題なく白鳥さん呼べるなら、喫茶店ででもホワイトデープレゼントをお渡す、

呼び出しできないのなら、彼女の実家に向かいます

芝村 さん:


はい

/*/

芝村 さん:
ここは大きな屋敷前だ

千ちゃんは腕組んでいる

小鳥遊敦@FEG さん:
「今日は付き添い、ありがとうございます」

千さんに声を掛けます

芝村 さん:
千:「藩王は忙しいようだ。それで?」

小鳥遊敦@FEG さん:
「NWでは、我々はみなしごみたいなものですし。仲人として親代わりを努めて頂きたいのと・・・」

「トラブルあれば、ご助言頂ければ、と思いまして」

芝村 さん:
千:「トラブルしかないが。で相手は?」

小鳥遊敦@FEG さん:
「恐らく、まずは白鳥さんのご両親かと」

Q:お屋敷にはインターホンか門番の人が立ってたりしますか?

芝村 さん:
A:たってるよ

千:「両親にあってどうする」

小鳥遊敦@FEG さん:
「恥ずかしながら、こずえさんの安否を確認できてませんので、その確認を」

「ご無事なようでしたら、いまさらになってしまいましたが、ご挨拶をば」

芝村 さん:
千:「なるほどい」

守衛は通してくれた

屋敷の中に入ったよ

小鳥遊敦@FEG さん:
Q:屋敷の中には誰かいらっしゃいますか?

芝村 さん:
A:ええ

豪商が出てきたよ

主人:「ようこそ、我が天幕へ」

主人:「どうされたか」

小鳥遊敦@FEG さん:
r:礼をします

「突然お邪魔いたします、白鳥こずえさんと見合いをさせて頂いておりました、政庁の小鳥遊敦と申します」

「こずえさんとお会いしたいのですが、お取次ぎ願えますでしょうか?」

芝村 さん:
主人:「おお、しかし娘は大怪我をおいまして」

小鳥遊敦@FEG さん:
「なんと」

芝村 さん:
主人:「別の娘を、つかわしましょう」

小鳥遊敦@FEG さん:
「いえ、それには及びません」

「こずえさんをお見舞いしたいのですが」

芝村 さん:
主人はこまった顔。

小鳥遊敦@FEG さん:
「如何されましたか」

芝村 さん:
主人:「あまり、趣味のいいことではないですな。そういう姿は見せたくないものでしょう。元見合い相手には」

小鳥遊敦@FEG さん:
「・・・これは思慮が足りませんでした。お詫びいたします」

「お嬢さんの容態は、どうなのでしょう」

芝村 さん:
主人:「すぐに交換します。心配には及びません」

小鳥遊敦@FEG さん:
「・・・失礼。我々はこの世界の常識に疎いもので。交換とは?」

芝村 さん:
主人:「傷物では嫁にいかせられません」

主人:「ですから交換ですよ」

芝村 さん:
千はあなたを見てる

小鳥遊敦@FEG さん:
「では申し上げましょう」

「私はその、大怪我をしているという白鳥こずえをこそ所望いたします」

「それ以外、というのでしたら、この話は無しにさせて頂きます」

芝村 さん:
どうするよと

小鳥遊敦@FEG さん:
はらはくくってます、と小声で答えます

芝村 さん:
主人:「うむ」

主人はにこーと笑った

芝村 さん:
主人:「ではこちらへ」

千:「はめられたな」

小鳥遊敦@FEG さん:
「どうせ、打てる手はすくなかったんです」

「手のひらで踊るにせよ、こずえさんの安否がわからねば、踊れません」

芝村 さん:
主人:「支度金はたくさんもたせます」

芝村 さん:
ドアの前だ

コンコン

主人:「お父さんだよ」

小鳥遊敦@FEG さん:
黙って続きます

芝村 さん:
どうぞという声

芝村 さん:
主人はあなたを見た

小鳥遊敦@FEG さん:
屋敷のご主人に一礼して、ドアの向こうに声をかけます。

「突然お邪魔して申し訳ありません、小鳥遊です」

芝村 さん:
息を呑む声が聞こえた

ばたばたしてる

こずえ:「どうして!?」

小鳥遊敦@FEG さん:
「どうして、と申されましても・・・」

芝村 さん:
こずえ:「1月後にきてください」

小鳥遊敦@FEG さん:
「貴方がレンジャーに向かって安否不明と聞いた後、散々走りまわりましたが、この屋敷にたどり着くのが今日になってしまいました」

芝村 さん:
こずえ:「いえ、29日後でも」

小鳥遊敦@FEG さん:
「始めに申し上げましたが、少なくとも、私は貴方がどうあろうと不快に思ったり目を背けたりはしません」

「あなたがお恥ずかしく思う気持ち、おとうさまからも諭されましたが」

小鳥遊敦@FEG さん:
「今ここで帰れば、私はなんだか後悔してしまいそうな気がします。どうか一目。お会いできませんか?」

「こずえさん」

芝村 さん:
返事がない

ばたりという音はした

小鳥遊敦@FEG さん:
「私はわがままで、無遠慮で、止めに女心というもに致命的に疎いです」

「ですので、ここであなたに会いたいという欲求をこらえるのは、つらいです」

芝村 さん:
千は主人と酒のみにいった

小鳥遊敦@FEG さん:
「お約束していた、ホワイトデーのプレゼントをお持ちしました。受け取っては、頂けませんか?」

芝村 さん:
こずえ:「御簾越しなら」

小鳥遊敦@FEG さん:
「私は、大七世界人でもトップを争えるくらい、疑り深いんです」

「貴方のお顔を拝見して、安心したいのです」

芝村 さん:
こずえ:「一目だけです」

小鳥遊敦@FEG さん:
「ありがとうございます」

小鳥遊敦@FEG さん:
ノックして、部屋に入ります

「では、お邪魔いたします」

芝村 さん:
入った

小鳥遊敦@FEG さん:
r:まちがっても部屋をジロジロ見ないようにします

芝村 さん:
空のベッドと、開け放たれた窓、爽やかに揺れるカーテンがある

小鳥遊敦@FEG さん:
どっかのペンギンみたいなマネを

直ぐに窓の外を確認します

芝村 さん:
なにもない

噴水は見えたな。下に

小鳥遊敦@FEG さん:
降りたなら、水の音は聞こえますよね?

芝村 さん:
こずえ:「どこをみているのいです」

小鳥遊敦@FEG さん:
「いえ、何も」

から笑いしてすっとぼけます

芝村 さん:
相手は真っ赤だ

カーテンの向こうに、ちらりと姿が見えた

包帯姿だった

こずえ:「もういいでしょう。お帰りください」

小鳥遊敦@FEG さん:
「いえ、後これを」

買ってきてたオルゴールを渡します

http:
//www.sevenspirals.net/cgi-bin/blosxom/blosxom.cgi/bbs/20100805_001650.htm

アイテム図鑑への登録が間に合いませんでしたので、購入根拠になります

芝村 さん:
はい

小鳥遊敦@FEG さん:
「・・・幻滅、なさいましたか?」

芝村 さん:
渡したよ

こずえ:「この姿は、あまり見せたくありません」

小鳥遊敦@FEG さん:
「恥をかかせてしまって、申し訳ありません」

「でも、本当に、よかった」

小鳥遊敦@FEG さん:
「生死不明と伺ってから今日まで、生きた心地がしませんでした」

「今日のお詫びを後日、させて頂ければ。」

芝村 さん:
/*/

小鳥遊敦@FEG さん:
orz

芝村 さん:
こずえはカーテンからでてこなかった

はい。おつかれさまでした

小鳥遊敦@FEG さん:
お疲れ様でした。



・・・評価値はどうなりましたでしょうか?

芝村 さん:
+1+1でした

小鳥遊敦@FEG さん:
あ、上がったorz

小鳥遊敦@FEG さん:
無理を押すべきか、引くべきか、戦闘中以上に悩みました

芝村 さん:
さげてやろうか

小鳥遊敦@FEG さん:
いえ、是非次回試練に挑戦したく存じます

芝村 さん:
はい

秘宝館には1、1で依頼出来ます

小鳥遊敦@FEG さん:
はい。では、ゲームありがとうございました。

お疲れ様でございました

芝村 さん:
ではー

小鳥遊敦@FEG さん:
ではー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0